• EHSTW

【新聞】日本4年間發生22件的持續工廠火災

更新日期:2020年12月9日

新聞日期:2020-12-07

新聞來源:日本經濟新聞

原文標題:続く工場火災、4年で22件 日鉄は愛知でも発生

正在調查名古屋製鐵所引起火災的原因(愛知縣東海市)




東証の適時開示情報閲覧サービス(TDnet)で企業が発表した工場の火災事故は4年間で22件。特に20年は8件と、過去3年の4~5件を上回る。消防庁の調べでは19年の鉄鋼や化学の工場や倉庫などを含む危険物施設の火災事故発生件数は218件と、09年比3割強増えた。
工廠的火災事故在近4年間共有22件的案例。特別在2020年就多達8件,過去3年則平均在45件左右。
根據消防廳的調查,2019年鋼鐵業和化學業存放危險物品在工廠和倉庫中,導致火災事故發生就多達218件,與2009年比起增加了3成左右。

リスクマネジメントが専門の慶応義塾大学大学院の高野研一教授は「設備の老朽化に加え、採用抑制で中堅人材が不足し、異常の検知といった技術伝承が不十分になったことで『現場力』が落ちているケースもある」と指摘する。
專門風險管理的慶應義塾大學大學院教授-高野研表示「除了設備上的老舊之外,招聘的限制導致人員的不足及在一些其況之下,例如異常的檢查、技術的傳承的不足等,這些將導致執行任務的效力下降。」

設備の老朽化や作業員の高齢化が進むなか、デジタル技術を活用して操業を安定させる狙いだ。
利用數據技術管理逐漸老舊的設備及作業員的高齡化,較能穩定營運方式。

#化學 #毒化物 #火災 #毒物 #汙染 #環境 #日本 #名古屋 #愛知縣 #化學品 #設備

#影響 #作業員 #數據 #管理 #化學雲 #鋼鐵業 #化學業 #危險物品 #化学

#デジタル技術 #預防 #製鉄所 #設備 #危険物 #施設

50 次瀏覽0 則留言